Maria Society | 上月マリア公式ファンクラブ | Topics

Event

「上月マリア先生と過ごすファンの集い『水無月の午餐』」を開催

2018年6月30日(土)、Maria Societyでは、「上月マリア先生と過ごすファンの集い『水無月の午餐』」を開催しました。ファンクラブの会員14 名様が参加し、優雅で崇高なひとときを共に過ごしました。

『水無月の午餐』の会場は、銀座2丁目にある、ブルガリビル8階のプライベートスペース。
第1部は、ブルガリレストランシェフ自慢の「季節のランチコース」によるおもてなしです。
シャンパンで乾杯をしたあと、美味しいお料理に舌鼓をうちながら、会員同士の会話もはずみました。 会員の皆様が、ファンクラブにご参加されたきっかけについて、上月マリア先生のご著書との出会いについてなど、様々なエピソードが披露されました。

ファンの集い

第2部は、会場内のゆったりとしたサロンに席を移し、上月マリア先生をお迎えしました。
第2部の最初のプログラムは、ファンクラブの皆様からお寄せいただいた様々なご質問に、マリア先生がお答えくださる「トークショー」です。上月マリア先生のファンを代表してMaria Society事務局長が質問をし、「年齢にとらわれない、輝く女性の条件について」など、誰もが抱えている悩みに、お答えいただきました。

ファンの集い

トークショーの後は、マリア先生のお導きによるメディテーションタイム。
マリア先生のお導きになるメディテーションは、実はなかなか体験できるものではなく、この日はファンクラブの皆様への特別なプレゼントとして、プログラムに加えられました。
『水無月の午餐』で過ごした3時間は、マリア先生が導いてくださる、愛情に満ちた神秘なる空間に、ご参加者の方々の魂が癒された時間となりました。

区切り線

「Maria Society主催・第2回ファンの集い」を帝国ホテルで開催

2018年、3 月31日土曜日、『Maria Society 主催・第2回ファンの集い』を開催しました。場所は、東京千代田区の帝国ホテル17 階のラウンジ『アクア』のプライベートルーム。初めてご参加された方もいらして、上月マリア先生の世界観について語りながらお茶とケーキを楽しみました。
上月マリア先生のご存在を、少しでも近くに感じられるようなグッズがあればどれだけ嬉しいか……という話題で盛り上がりました。
瞑想のためのマリア先生のお声による導きのCDや、スペシャル編集による書籍、そしてマリア先生のお言葉を毎日確認できるような手帳、写真集など、様々なお声を頂きました。

ファンの集い
区切り線

「Maria Society主催・第1回ファンの集い」を帝国ホテルで開催

2017 年、12 月9日土曜日『Maria Society(マリアソサエティ・上月マリア公式ファンクラブ)』設立を記念して、『Maria Society 主催・第1回目ファンの集い』を開催しました。場所は、東京千代田区の帝国ホテル17 階のラウンジ『アクア』。ファンクラブの会員様10 名が参加して、アフタヌーンティーを楽しみました。

帝国ホテル
左:会場となった帝国ホテル外観。右:17 階ラウンジ『アクア』のアフタヌーンティー

この日は、ご参加者の方々がおひとりおひとり、ご自身と上月マリア先生との出会いのエピソードを語りました。ご著書や講演会を通して、またブログや公式サイトを通して上月マリア先生の存在を知り、その崇高崇美な世界をより知りたいと願ったことが今ここにつながっているということを、それぞれお話しになりました。

帝国ホテル
ファンの集い

この日は皆様の多くのお声を頂きました。その中で多かったのは「マリア先生に関することであれば、どんなことでも知りたい」というお声でした。また、「なぜ今までファンクラブがなかったのでしょうか?」というご質問もありました。
ですがその一方で「それなりに人生経験を積んで、自分というものを改めて見直し、今の自分に、これから何ができるのだろうかと考えていた時に、このファンクラブに出会いました。共通の価値観を持った方々と無理をすることなく思い切り話し合うことができて、それがとても嬉しい。だからこそ、今なのかな……という気がします」と、おっしゃる方もいらっしゃいました。

帝国ホテル

マリア先生の教えは、多岐に渡ります。講座に出た方、レギュラーレッスンを受けた方、プロ科のコースを勉強中の方、それぞれご自身が受けた学びについて語り合い、またどのようにご自身のライフスタイルが変化してきているのか、などについての情報交換も行われました。
人が生きて行く上での大切なマリア先生の教えについて語り合うには、時間が足りず、「またすぐファンの皆様でお会いしましょう」との約束を交わしました。
この日は、上月マリア先生の教えを通して、自身を見つめ直し、磨き、潜在能力を開花させ、社会に大きくはばたいていくことを、お互いに誓い合いました。

区切り線